家財を正しく処分するならリサイクル法について知ろう!

家電リサイクル品目の詳細を確認しよう

エアコン、テレビの回収対象基準

家電リサイクル法の対象4品目には、それぞれに細かな決まりがありますので見ていきたいと思います。

エアコンは、壁掛けのセパレート型、ガスヒーターエアコン、ハイブリットエアコン、床置き型のセパレート型エアコン、ハイブリットエアコンが対象となり、付属のワイヤレスリモコン(電池は除く)や室外機の取り付け具、一体型の純正据付部材、商品同梱の工事部材も回収の対象となります。
天井や壁に埋め込み型や吊り下げ型のエアコンは対象外です。
また、ウインドファン、冷風機、除湿器、冷風扇なども対象外となりますので注意が必要です。

テレビは、ブラウン管式、液晶、プラズマ式が対象です。
付属のワイアレスリモコン(電池は除く)や着脱式付属専用スピーカーも回収してくれます。
対象外となるのは、チューナーなしのディスプレイモニター、プロジェクションテレビ、携帯用液晶テレビ、車載用液晶テレビ、業務用テレビです。

冷蔵庫、洗濯機の回収基準は?

冷蔵庫、冷凍庫については、通常の冷蔵冷凍庫に加え、ワインセーラー、保冷庫、冷温庫が対象となります。
基本的には電気を使用するものが対象ですが、冷媒にアンモニアを使用する吸収式冷蔵庫や電子冷蔵庫も対象です。
形はチェスト型、アップライト型、引き出し型のどの形でも回収してくれます。
また商品に同梱されていた製氷皿や棚、野菜かご等も同時に回収してもらえますので忘れずに入れておきましょう。
業務用の保冷庫や冷凍ストッカー、おしぼりクーラー、保冷米びつ、ショーケース、冷水器、製氷機は対象外です。

洗濯機、衣類乾燥については、通常の洗濯乾燥機、全自動洗濯機、二層式洗濯機、ドラム式衣類乾燥機、ガス衣類乾燥機が対象となります。
また商品に同梱されていた洗濯カゴなどの付属品も対象です。
対象外となるのは、衣類乾燥機能付きの換気扇や除湿器やハンガー、布団乾燥機、業務用の洗濯機乾燥機、脱水機です。


この記事をシェアする