家財を正しく処分するならリサイクル法について知ろう!

家電リサイクル券のシステムを知ろう

処分依頼・回収の方法

処分を決め依頼をすることになったら、まずは対象品目を確認をしておきましょう。
対象品目とは、前述したように家電4品目の呼ばれるのもので、製造メーカーによってリサイクル料金が違いますので注意が必要です。

次に回収方法の確認です。
購入した、もしくは買い替えをするお店に引き取りを依頼してください。
お店によって引き取り方法が違いますので各店舗に問い合わせてください。
また引っ越しなどにより、購入店が遠くなってしまった場合などは、お住まいの自治体に相談しましょう。
その場合は、郵便局振込方式で料金を支払い、回収のみを業者に依頼する方法もあります。
引き取りを依頼すると、業者が指定した日時に訪問しますので、記入済みの「家電リサイクル券」を渡して内容を確認してもらいます。
リサイクル券を渡した際に受け取った控えは、回収後のリサイクル状況を確認する際に必要となりますので大切に保管しておきましょう。

リサイクル料金、収集運搬料金とは

不用品を引き取ってもらうには、リサイクル料金と収集運搬料金が必要となります。

リサイクル料金は、対象4品目について各メーカーごとに設定されています。
目安としては、2017年4月現在の料金は16型以上のブラウン管テレビで2,376円~、液晶プラズマテレビで2,916円~、171L以上の冷蔵庫4,644円~、洗濯乾燥機で2,484円~となっています。

収集運搬料金は、各小売業者が設定していますので、引き取りを依頼するお店に問い合わせてみましょう。
近くに購入店がない場合などは、料金郵便局払い込み方式で回収を依頼することができます。
この場合は郵便局に備え付けられている「家電リサイクル券用紙」に記入し、ゆうちょ銀行でリサイクル料金を振込みます。
回収については、自治体や小売業者に依頼し手数料や収集運搬料金を支払うか、直接指定の引き取り場所に持ち込みます。


この記事をシェアする